FC2ブログ

めんこいな日々♪

岩手から神戸へ嫁いできてはや2年。 とりとめもない日々の出来事を書いていきたいと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日に引き続き小豆島旅行をお送りします

今回の旅行のメインイベントともいうべき「二十四の瞳」の映画村へいきました

そこへ行く前に大石先生の自宅があったと設定されている場所 「竹生(たこう)の一本松」を見にいってきましたF1010026.jpg

先生はここから、対岸にある岬まで内海湾を約9キロの道のりを毎日自転車で通ってたんですね~。
このあと、車で通ってみましたが、すごい遠かったです。
私はこれは実話だと思っていましたが、物語色のほうが強かったみたいですね。ここは観光バスも入れないくらい狭いところなので、自家用車で観光するのに優越感をもてました

次に「岬の分教場」へと車を走らせます

F1010039.jpg

ここまでの車での道のりが狭くて、対向車とすれ違うとき大変でした一瞬海に落っこちそうになりました。

「二十四の瞳」の舞台となった分教場
明治7年に開校、同35年8月「田浦尋常小学校」として建築され昭和46年3月24日廃校されるまでは、小説と同じく「苗羽(のうま)小学校田浦分校としてつかわれていたそうです。
F1010040.jpg


机やイスが古くて、私も座ってみましたが、座りごごちが悪かったです
昔の人々はこうゆう環境の中で、必死に勉強していたんでしょうね。
環境にめぐまれていても、勉強しないって言う人もいるのに(私のことです・・・)
F1010041.jpg

オルガンです。本当に音がでるんですよ~
なんでも触れていいようなので、じゃんじゃんさわっちゃいました。
「二十四の瞳」や「七つの子」の楽譜がありました。BGMでも流れてました
F1010038.jpg

でっかいそろばんでしょ?
これで、算数を勉強していたんでしょうね。
F1010037.jpg

これは「二十四の瞳」に出てくる12人のお人形さんです。
カワイイですね。
F1010036.jpg

なつかしい~。私も小学校1年生の時、一番初めに国語の時間でやったやつだあぁ。「さいた さいた さくらが さいた」
ひらがなだったような?
これを見たときなんかうれしかったです。
F1010035.jpg

お土産屋さんでみつけました。
キーホルダーです。
かわいくてすごくほしかったんですが、このキーホルダーをつけてるうちにガンガンぶつけそうだったので、迷った末やめました。
今思うと一個くらい買っておけばよかった~

岬の分教場の後「二十四の瞳」映画村へつづきます
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nanigenaihibi.blog92.fc2.com/tb.php/16-6aa44a84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。